浮気 証拠 写真

浮気の証拠となる写真とは?

もしパートナーが浮気をしていて離婚調停や裁判となった時に決定的な証拠がある場合と
ない場合ではその先の交渉を有利に進めることができるかということが変わってきます。

 

浮気の決定的な証拠としてもっとも有利に働くものが写真です。
パートナーと浮気相手が一緒にいるところを撮影した写真があれば浮気の決定的な証拠となります。

 

 

では、どのような写真が浮気の決定的な証拠となるのでしょうか?
まず始めにパートナーと浮気相手の顔がしっかりと写っているというのが一つの条件です。

 

そして、ホテルや浮気相手の家で浮気をしている場合にはその建物に入っていく場面と
一定時間が経過して出ていく場面の写真が両方必要になってきます。

 

 

この出入りというのが大事なポイントでどちらか一方だと証拠としては弱くなってしまいます。
また、ある程度の時間経過があってそこで二人の時間を過ごしているという点も大事です。

 

 

この時間が短いといくらでも言い訳ができてしまうからです。
そのため写真を撮る際はこの時間経過がわかるようにしておく必要があります。

 

 

最近のデジカメや携帯電話のカメラであれば素人でも比較的鮮明な写真を撮ることができますし、
画像データとして残す際に撮影した日時がしっかりと残るのでどちらで撮影しても大丈夫でしょう。

 

 

ただ浮気現場の写真というのは素人が撮影するのは簡単なことではありません。
尾行や張り込みといったことが必要になるので自分で無理だと思ったら探偵に依頼するのも一つの方法です。

 

費用はかかってしまいますが、離婚や慰謝料を前提にして浮気の証拠を集めるのであれば
自分で調査をするよりもプロの調査力にゆだねたほうが成功確率は高くなるでしょう。

 

>>>旦那の素行調査を依頼する際のポイントとは?